TOMAMI'sダイエット

ダイエッター歴15年のトマミによるダイエット情報発信ブログ

もずくの栄養成分はダイエットにも効果的!もずくダイエットの口コミとおすすめレシピ

f:id:amoris:20181218153124j:plain

芸人の渡辺直美さんが番組の企画でもずく酢ダイエットに挑戦したところ、26日で約5キロの減量に成功しました。

 

もずくは低カロリーなだけでなく、ダイエット中に不足しがちな栄養素がたくさん含まれている食材です。

 

ダイエットに効果的なもずくの食べ方と口コミ、おすすめのもずくレシピをご紹介します。

 

 

そもそも、もずくって何?

もずくはわかめや昆布などと同じ、海藻の一種です。

 

岩礁に張り付くようにはえており、漢字では「藻付」別名「イトモズク」と呼ばれています。

糸状で細長く枝分かれしており、ぬめりがあるのが特徴です。

 

暖かくて浅瀬い海に生息していて、日本のスーパーなどで売られているもずくの90%は沖縄産です。

沖縄以外では山陰地方や能登半島にも生息しています。

 

もずくの栄養成分と効果

もずくは100gあたり約4kcalのとてもヘルシーな食材です。

スーパーで売られている味付け済みのパックもずくでも、1パック5~24kcal程度。

 

低カロリーなもずくですが、ダイエットだけでなく健康・美容にもいい栄養素が多く含まれています。

 

もずくに含まれる栄養成分

・フコイダン

海藻のぬるぬるのもととなる成分が、フコイダンです。

昆布やめかぶなど他の海藻にも含まれていますが、もずくに含まれるフコイダンはわかめの5倍以上。

 

フコイダンは食物繊維の一つで、小腸や大腸で水分を多く吸収して何十倍にも膨れる性質があります。

  

・フコキサンチン

フコキサンチンには、エネルギーの消化を促し、内臓脂肪を燃やす働きがあります。

また老化を防止する抗酸化作用もあるため、アンチエイジングにも効果的です。

 

その他にも「アラキドン酸」という必須脂肪酸には免疫力を高める効果、タンパク質(必須アミノ酸8種を含む16種のアミノ酸)や、血液を作る鉄分、不足すると骨粗しょう症の原因になるビタミンK、ビタミンC、EPA、カルシウム、マグネシウム亜鉛などたくさんの栄養が含まれています

 

ビタミン・ミネラルは体の調子を整えたり体を作る働きがあり、生命維持には欠かせない必須栄養です。
しかし人間の体内では作ることができないため、食事から摂取しなければなりません。

 

【ダイエットの基本】バランスの良い食事のコツ - TOMAMI'sダイエット

 

いつもの食事にもずくを取り入れることで、ダイエット中に不足しがちなビタミン・ミネラルを補うことができます。

 

もずくの効果

  • 中性脂肪を下げる
  • 血中コレステロールを下げる
  • 胃の粘膜を保護する
  • ドロドロ血をサラサラに
  • がん予防
  • 体の老化を防ぐ
  • 免疫力を高める
  • シワやシミなどの老化現象を抑えるアンチエイジング効果
  • 腸内環境を整える
  • アレルギー症状の緩和
  • 糖質の吸収を緩やかにする
  • 発毛を促進する
  • 生活習慣病を予防する
  • 貧血予防

 

体にいいからといって食べすぎには注意!

食物繊維には水に溶けやすい性質の水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不要性食物繊維の2種類があります。

 

この2種類の食物繊維にはそれぞれ異なる働きがあり、不要性食物繊維が2水溶性食物繊維が1の割合で摂取することで、充分な効果を発揮します。

 

もずくに多く含まれるフコイダンは、水に溶けやすい性質がある水溶性食物繊維です。

 

もずくを食べ過ぎて、2:1のバランスが崩れてしまうと、消化不良や下痢を引き起こしす原因に。

 

また海藻類には、ヨード(ヨウ素)が多く含まれます。

ヨウ素甲状腺ホルモンの主要成分で、人体には欠かせない栄養素ですが、摂りすぎてしまうと甲状腺に障害を起こしてしまう可能性があります。

 

健康にいいとは言っても、食べ過ぎは体に毒です。

健康維持に必要なフコイダンの量は、1日に24gとされています。

 

スーパーなどで売られているもずく酢1パックには、15~20gくらいのフコイダンが含まれているので、毎日1パックのもずく酢で充分な量の水溶性食物繊維を取ることができます。

 

ダイエットに不可欠なビタミン!種類と効能・バランスよく食べる方法 - TOMAMI'sダイエット

ミネラルは不足しても多すぎてもダメ!ダイエットに不足しがちな4つのミネラル - TOMAMI'sダイエット

 

もずくダイエットのやり方

もずくダイエットのやり方は、食前に1パックのもずくを食べるだけというとてもシンプルなもの。

 

3食のうちどのタイミングで食べてもOK!

食事の最初にもずくを食べることによって、脂肪の吸収や血糖値上昇を抑える効果があります。

 

もずくダイエットの注意点

食前にもずくを食べることでいつもより満腹感を感じる人もいれば、そうではない人もいます。

 

感じ方は人それぞれなので、一概に「もずくは腹持ちがいい食材」とは言えません。

早く満腹感を得たければ、よく噛んで食べ満腹中枢を刺激しましょう。

 

また低カロリーでヘルシーだからといって、もずくだけを食べる単品ダイエットや置き換えダイエットでは必要な栄養素が不足してしまいます。

 

炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素を基本に、バランスのいい食事を心がけましょう!

 

ダイエットの基本はたった一つ!摂取カロリーより消費カロリーを多くすること - TOMAMI'sダイエット

  

もずくの効果的な食べ方

お酢のパワーをプラス!「もずく酢」

スーパーやコンビニでもパックで売られている、もずく料理の定番「もずく酢」。

お酢にはミネラル・ビタミンが豊富に含まれており、中性脂肪や内臓脂肪の蓄積を防ぎ、生活習慣病を予防する効果があります。

 

またお酢には、新陳代謝を上げ血液をサラサラにする働きもあり、フコイダンとの相互作用で大腸菌O-157やピロリ菌を抑える効果も期待できます。

 

スープにすると満腹感アップ!

パックのもずく酢以外にも、生もずくを販売するスーパーも増えてきました。

 

生もずくは酢の物としてだけではなく、沖縄ではみそ汁に入れたり、てんぷらや炊き込みご飯、雑炊など様々な料理に使われます。

 

ダイエット中におすすめなのは、もずくをスープにすることです。

 

もずくは加熱するとフコイダンがスープに溶けだし吸収率が上がるため、栄養を効率よく摂取することができます。

 

色んな食材と組み合わせることでたくさん栄養をとることができ、料理のバリエーションも豊富に。

 

最近では保存がきくように塩漬けされた「塩もずく」や「乾燥もずく」なども売られています。

インスタントのもずくスープもたくさんの種類がありますよね!

 

低カロリーだけどヘルシーで手軽に食べられる「もずく」はダイエットの強い味方です。

 

もずくダイエットの口コミ

旦那さんのお腹が最近ぽっこりぎみ。ということで食べ始めたもずく。もずくを食べた次の日はすっきり出るようです。

 

もずくを食べ始めてから、便秘解消。食事の量も減りました。

 

もずく酢の効果がすごい!お通じの量が・・・笑 新しく私のおすすめメニューに加わりました!

 

もずくダイエットを始めて1週間で2kg減りました。便秘が解消し、肌質も変化。肌にうるおいが戻ってきました!

 

もずくダイエットおすすめレシピ

cookpad.com

cookpad.com

cookpad.com

cookpad.com

cookpad.com

cookpad.com

 

まとめ

低カロリーだけど、食物繊維たっぷりなもずく。

 

ダイエット中には嬉しい栄養がいっぱいで、ダイエットだけでなく美容・健康にもいい効果がたくさんあります。

 

いろいろな料理に活用できますが、食べ過ぎには注意が必要です。

 

上手にもずくを取り入れて、バランスのよい食事を目指しましょう!

 

www.amoris-tomami.com

www.amoris-tomami.com